Search
Category
Recommend
Recommend
Profile
Links
*
self-development
簡単ホームページ作成Quick Homepage Maker
あなたがFXで一番知りたかったこと。
**
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
医龍
医龍 Team Mwdikal Dragon





主題歌 AI 「Believe」
挿入歌 関山藍果 「Aesthetic」
挿入曲 STEVE VAI 「Building the Church」

視聴率

     放映日           タイトル                  視聴率

KARTE1  2006年4月13日  神の手を持つ男           14.1%

KARTE2  2006年4月20日  神の手と悪魔の薬          14.1% 

KARTE3  2006年4月27日  娘の心臓を守れ           14.1% 

KARTE4  2006年5月04日  教授が患者を殺す          14.7%

KARTE5  2006年5月11日  バチスタ手術開始          14.8%

KARTE6  2006年5月18日  バチスタ手術急転          15.1%

KARTE7  2006年5月25日  絶対許せない男           12.7%

KARTE8  2006年6月01日  奇跡を起こす医師          16.6%

KARTE9  2006年6月08日 バチスタ手術断念           13.8%

KARTE10 2006年6月15日 この命は必ず守る           15.1%

KARTE11 2006年6月29日 最後のカード!!新バチスタ手術    17.2% 


主な登場人物

  チームドラゴン

     朝田龍太郎 (坂口憲二)

     加藤晶 (稲森いずみ) 胸部心臓外科 助教授

     伊集院登 (小池徹平) 胸部心臓外科 研修医

     荒瀬門次 (阿部サダヲ) 救命救急部 麻酔医

     里原ミキ (水川あさみ) 胸部心臓外科 オペ看護士

     藤吉圭介 (佐々木蔵之助) 循環器内科 講師
    

   明真大学付属病院

     牧野善久 (津川雅彦) 明真大学 総長

     野口賢雄 (岸部一徳) 胸部心臓外科 教授

     木原毅彦 (池田鉄洋) 胸部心臓外科 助手

     鬼頭笙子 (夏木マリ) 救命救急部 教授


   北日本大学付属病院

     霧島軍司 (北村一輝) 胸部心臓外科 助教授



| abba fun | 医龍 1 | - | - | pookmark |
坂口憲二 医龍 朝田龍太郎 
坂口憲二 演ずる 医龍 朝田龍太郎(33歳)



4年前、北日本大学から、NGOであるMSAP(万人のための医師団)に参加
十分な輸血も医療器具もない難民キャンプで、世界最高レベルの医療チームを指揮
正確な判断力と、抜群の技術、見事なチームワーク
それはまるでジャズバンドのセッションを見るよう
人を褒めるのが大嫌いな加藤晶をして、天才と言わしめた外科医

半年後、大学が撤退したあとも教授命令に背いて現地に留まった
その結果、大学の医局からは解雇
帰国後も、教授の手回しでどこの病院にも雇ってもらえず、医者をやめる
街金に終われ、海沿いの町で、借金まみれのヒモ生活を続けていた

バチスタ切ってみたくない?
心臓外科手術の最高峰ともいわれるバチスタ手術
その論文を成功させることで、医学部教授の椅子を狙う加藤晶に腕を見込まれるが
患者より医局の秩序を重んじる大学病院の体質が嫌で、一度は断る
しかし、MSAPで同じチームだった里原ミキの命懸けの説得により
やがて明真大学付属病院へ

指で外傷を押さえることで縫合時間を省き、素手で左手で心臓マッサージをする
リズムだけではなく、指の背側骨間筋と掌側骨間筋の伸縮バランスが絶妙で
基節骨が人並みはずれて長い分、機能的シーンに余裕を持たせている
まさに、理想的な外科医の手をしている

MSAPから中東の紛争地帯に派遣されていたときに
瀕死の少年の臓マッサージ中に背中に大火傷を負い、龍の姿に似た痕が残る
この時現場で燃え盛っていた炎が青かったことから、青という色を忌避する

一流と呼ばれる外科医は、脳内に極めてリアルな人体イメージがあって
それを切ることで訓練している
これは余程の集中力と人体に対する理解がないとできない技である
朝田にも独自の屋上でのイメージトレーニング法がある

年俸2,000万、講師待遇の条件で、ERに誘われるが、結局断る

世の中には2種類の外科医がいるといわれている
ひとつは臓器を教科書的に単体として捉える医者
そしてもうひとつは、人体を総合的に捉えるもので
人体を、様々な生きた臓器がつながったトータルな有機体としてイメージする医者
朝田の脳には極めて生々しい人体が生きている

異なるふたつの神経が支配している中指と人差し指の腹を使って
平行に移動させることで、変性部位を特定することができる

「みんなで甘えあうのがチームじゃない
死に物狂いで仲間のために力を尽くす
それがチームだ」

通常、直径1舒焚爾侶豐匹鯔ス腓垢訃豺腓蓮顕微鏡が必要とされる
サージカルルーペでは、ほんの一瞬目を閉じただけで、針先を見失う
しかし朝田は、ほとんどまばたきすらしていない凄まじい集中力で
直径1仄紊痢∋紊里茲Δ忘戮だ屬麕靴侶豐匹鬘亜ィ貝个曚匹隆岾屬破イ
吻合後の形を立体的にイメージして、最適な形で縫い合わしている
わずかにぼやけて見えるこの視界を、人体のイメージを重ねて
脳内で鮮明にしている
資材も物資もない銃弾の飛び交う戦場で、患者を診てきたからこそできる技である

「俺にとってチームとは
共に命を負う大切な仲間だ
一人でも命を諦めないものがいるなら
俺は何があっても前に進む
ここに闘っている仲間(患者)がいる限り」

「チームドラゴン」解散後は、再びMSAP(万人のための医師団)に戻る
荒瀬にお守りとしてもらった、チームバチスタの星をバックにつけて

「必要なときだけパッと集まる、それがチームだ」

「あんたのお陰だ
あんたが俺を必要としてくれた
日本に戻って投げやりだった俺を必要としてくれた
だから、強くなれた
ありがとう」



2年後(医龍2 35歳)

「チームドラゴン」解散後は
難民キャンプで1年
フィラデルフィアのグロリアハートランドクリニック(世界一の心臓専門病院)にて
移植に関するオペを一通り学び
アメリカのマイアミ大学で移植手術の研究に携わる

明真をすくう救世主として、野口リスクマネージメント統括部長によって
明真大学付属病院へ招かれ、胸部心臓外科の客員教授のポストを与えられる

公開オペ実施時に、野口部長よりオファーとして1,000万円の申し出があったが
俺の腕はそんなに安くない、と断る
これに対し、好きな金額を打ち込みなさい、とされると
この電卓じゃ桁が足りないな、と電卓の電源を切る

経験のない新生児心疾患のオペを、電話で指示を仰ぎながら行い成功させる
オペしながら新しい術式を模索していた
わずかな手掛かりを応用して新しい術式を思いつく

日本初の心肝同時移植オペの成功後
ひとり日本を発ち、アメリカへ


医龍

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




| abba fun | 医龍 1 | - | - | pookmark |
阿部サダヲ 医龍 荒瀬門次
阿部サダヲ 演ずる 医龍 荒瀬門次(34歳)



明真大学付属病院 救命救急部(ER)の麻酔医
暗い過去を持つ、天才麻酔医

普段はまともに白衣も着ず、吸入麻酔剤で意識もうろうとし、病院内を徘徊
7つ数えて、はいおちた
何かあるまでは起こすなよ、と
ベッドでアイマスクをつけて寝ている
金で技術を売るのがポリシー
麻酔は、1回100万
論文がらみの手術なら、1回1,000万

体を見渡しただけで体重を言い当てることができる
優秀な麻酔医は手術台に乗った患者の体を見渡しただけで
体重を誤差5kg以内で推定できるとされる

優秀な麻酔医に術中管理を任せられれば
俺は100%手術に集中できる
ERにいる間ずっと見てた
あいつが欲しい
ゆっくり数えて7つが、麻酔におちる理想の速度
患者の体重や体表面積などによって麻酔量は千変万化
あいつは必ず7つでおとしている
あいつが俺のバチスタチームに欲しいんだ

「麻酔導入新薬 リカゼピンの使用経験」(慶真大学付属病院)の論文に関わる
今でこそ、使用方は確立され、ごく一般的に使われているが
新薬として開発された当初は、循環器系への作用が不安定で
心臓に悪影響をもたらすことが問題視されていた
ひどい場合は心停止、志望したケースも多い
なのに医局員たちは、教授の指示を受けて製薬会社が有利になるようデータを偽った
多額の金品と引き換えに
新薬は認可されたが、当然にトラブル続発、ほとんどの病院で使用を中止した
だが、荒瀬の大学病院は、認可が下りていることを口実に
さらに何十例も使用し、多数の患者の命を奪った
その後ようやく新薬の適正使用量と副作用対策を見つけ出した
治験と認可後の、二重の人体実験ののちに
皮肉なことに、使いにくい新薬の適正使用量を発見したこの論文の評価は高い
しかし、そんな恐ろしい人体実験をした怪物だった

腕だけは抜群だが、人間性とやる気のなさはどうしようもない

「最高の麻酔医なら、最高の外科医と組みたくなる、試してみろよ」

行きつけのバーがあり、どこで働くかおりちゃんの出汁巻き卵が大好き
ルイシャルルの32年、ワンショット1万5,000円を愛飲している

「昔は一滴も飲めなかった
儲けたお金、毎晩毎晩、仇みたいに使い果たして
お金と一緒に消えちゃいたいみたいに、ここで酔いつぶれる、馬鹿な飲み方」

「前の大学病院のとき、医局の先輩に連れてこられてのが最初
皆で大きなプロジェクトやるんだって言ってました
でもそのうちだんだんお酒の量が増えてって、だんだん荒れてって
ぐてんぐてんに酔っ払ったとき、俺は人殺しだってよく言ってた」

出汁巻き卵をつくるのに必要な、みりんを買いに行ったコンビニで強盗に遭い銃弾に倒れる
見事な圧迫止血法で応急処置

救急搬送で明真大学付属病院へ、執刀医は朝田

「お前じゃ朝田に釣り合わねえ、俺に代われ
お立ちダーイ
76kg、俺が全身管理をやる以上、万にひとつも間違いはない
メスだけに集中させてやる
その代わり、必ず助けろ」

「久し振りに本気でやらせてもらえるってことか」

朝田と言葉を交わしもせずに、心臓の動きだけを見て絶妙な全身管理を行っている
心臓が少しでも弱ると的確な指示を出し、状態を立て直す
そして患者の状態を見ながら、朝田の指が緩急をつけていく
最高の麻酔医と最高の外科医が、患者の心臓を基点につながっている

「俺についてこれた麻酔医は、お前が初めてだ」

「俺についてこれた外科医も、お前が初めてだよ
二人目のバチスタ、決まったら教えろ
ギャラは今日の治療代だ」


「荒瀬先生をチームに入れるんですか」

「荒瀬の技術が患者に必要だ」

「あの人は今も悪党ですよ」

「悪党を許せないならそれでもいい
あいつは責められるために今も悪党をやっている
自分の犯した罪が一生かけても許されないことは、あいつが一番良く知っている
だからあいつは、他の道を選ばなかった
だけどお前は真っ白なままでいろ
今のままのお前に責められることを、あいつは望んでいる
そんなチームも悪くない」

手術中、いかなる状況の変化にも対応し、患者の体調をコントロールする
まさに、天才麻酔医


2年後(医龍2 36歳)

「チームドラゴン」解散後は、目標を見失ってしまっている


「よう、患者見捨てたのか?」

「あの患者は自分の意志で北洋に行ったのよ」

「ここで発作を起こしてたら、助けられた?」

「どこだろうが、あの症例を無輸血でオペするなんて不可能でしょう?
目も前の1人の患者より、10年後の1万人を救う
それが今の明真の使命よ」

「あいつなら、朝田なら、両方救うかもしれねえぜ」


かおりちゃんと結婚、一児に恵まれる
たまたま訪ねた北洋病院で、朝田と松平の緊急オペに麻酔医として参加する


「北洋でオペしたって?」

「フッ、ツレを訪ねてったらいなくてさ、ついでにちょっと見学した」

「何したかわかってるの?
あなた、チーム鬼頭の一員なのよ」

「面しれーよ向こうは、訳わかんねえ奴ばっかでさ
俺には合ってんのかもなあ
こっちより」

復活したチームドラゴンの一員とした、日本初となる心肝同時移植を成功させる


医龍

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

| abba fun | 医龍 1 | - | - | pookmark |
佐々木蔵之介 医龍 藤吉圭介  
佐々木蔵之介 演ずる 医龍 藤吉圭介(38歳)



明真大学付属病院 循環器内科講師
臨床医としては極めて優秀で、まさに理想的な内科医
ただ、あまりにも患者の対場に立ちすぎて、循環器内科の教授とよく衝突する

「外科医はメスを入れることだけが治療だと思っている
患者を生身の人間だと思っていない」

「生身の人間だということを忘れて、外科医ははじめて人を切れる」

「患者を人としてみない外科医など、ただの傷害犯だ」

「あんた、医局じゃ出世しないタイプだ」

「お前のような底の浅い外科医に
バチスタだろうが何だろうが、俺の患者は一人として渡さん、絶対にな」

7歳になる、樹里という名前の一人娘がいるが
心室中隔欠損症という病気で、明真大学付属病院の循環器内科に入院中
互いの教授間で手術することが決定されるが、内科的治療で完治できると強硬に反対する
執刀医に指名された朝田龍太郎に、カルテの引渡しを拒絶する

仕事優先の生活から、結婚後も父親になってからも家の事は省みなかった
お嬢様育ちという妻に愛想を尽かれて離婚
無理をいって娘を引き取るが、保育園に迎えに行くのはいつも最後なのに
とびっきりの笑顔で飛びついてくる娘が愛おしくてならなかった
娘の病気を悪化させたのは自分のせいだと自分を責めている

医局に居られなくなることを覚悟の上で、娘を転院させようと外出したところで
既往歴のあるWPW症候群(心臓の伝道障害)の発作に倒れ心肺停止になるが
助かる命を助けようともしないのはそれだけで罪だ、とする
同行していた朝田と伊集院の咄嗟の救命処置で、奇跡的に蘇生する

やがて冷静さを取り戻し、カルテを見せる決心がついた藤吉

「手術は、手術はいつだ」

「自分が倒れて弱気になったのか
必要ない、切る必要はない、それが俺の判断だ
俺もあんたと同じ診立てだ」

「教授の前で切ることになっているんじゃないのか」

「切るか切らないか、決めるのは俺だ」

「娘の胸に傷をつけなくていいのか」

「ああ、ただし、この病院には居ないほうがいい、さっさと転院させるんだな
娘さんの好きな、海の近くの病院にでもな」


無事転院させたることができたが
教授から、半年か1年後、系列の病院に追いやられることを覚悟する

「バチスタは難しい手術だ、外科医だけに任せるわけにはいかない
それに、術後の治療計画を立てるプロがチームに必要なんじゃないのか
患者は生身の人間だからな
短い付き合いになるが、お前のような奴とは、それぐらいが丁度いい」

朝田の腕を認め、自らバチスタチームに入る。

時間の許す限りオペに立ち会う主義


「手術というのは、大きな手術ほど、切ったからといって全快するわけではありません
成功しても、患者が社会復帰するまで長い間経過を観察しなければなりません
その仕事をする内科医は、何年も何十年も患者を支え続けるんです」

「一度病院で怖い思いをした子供は、白衣を怖がるんです
そして子供であっても子供扱いせず、ひとりの人間として接し
根気強く説明する」

「何でもないようなことに思えるけど、それができる医者は彼だけです」

「病院なんて信じなくていい
ただ、本物の医者は信じて欲しい」




2年後(医龍2 40歳)

「チームドラゴン」解散後は福岡の病院へ移る

野口統括部長より、バチスタチームを再編させ、経営再建の広告塔として
非常勤の期限付きで明真大学付属病院へ雇われる


医龍

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
| abba fun | 医龍 1 | - | - | pookmark |
稲森いずみ 医龍 加藤晶 
稲森いずみ 演ずる 医龍 加藤晶(35歳)



明真大学付属病院 胸部心臓外科助教授 →教授
自らの出世の道具として医龍を雇う
最短距離で教授の椅子を得るために、朝田にバチスタ手術を切らせ、その論文を発表しようとする
バチスタ手術のためのチームを作ろうとするが
自分の思い通りに動かない朝田に振り回され、やがて窮地に陥っていく
朝田の腕を利用してバチスタ手術の論文を発表し教授になろうとするが
恋人・霧島にバチスタ手術を越されたのきっかけに窮地に落ちる
野口が霧島を教授に推していると知ったときショックを受けたがチームの励ましもあり
「チーム・ドラゴン」を守っていくと決意

朝田が来るまで胸部心臓外科のエース
乳児の弁形成という緻密なオペをやらせたら、右にでる者はいない
と朝田も認めるほど、技術は高い

相当な野心家で、「論文のためなら、患者を切り捨てる」が晶の根拠である
自分の論文データの成績を良くすることでこの若さで助教授までのし上がってきた
患者は論文の材料に過ぎない
教授になるためには手段を選ばない、氷の女と影で呼ばれている
自分の論文データのために、あえて症例のいい患者だけを選び
症例の悪い患者は切り捨ててきた、という噂
論文データの成績を上げるために、見込みのない患者は犠牲にするしかなかった
今更引き返すわけにはいかない

「私が担当して亡くなった患者さんたちがいます
この大学病院というところでなかったら、あるいは助かったかもしれない患者さんたち
私はこの人たちの死を無駄にしたくない
私は大学病院を変えます
そのために教授に
組織のトップに立たなければ、この腐った医局は変えられません
汚い汚いといってるだけでは何も変わらないんです」

本当は泣き虫だが、泣かなくなったのは泣き方を変えたのだと指摘される

「改革のために教授になるつもりだった
でもいつの間にか、ミイラ取りがミイラになった」

最初のバチスタ手術の患者を
論文データのための患者から緊急度の高い患者に変更し
オペ失敗に伴う経歴のリスクを負って、自ら第一助手となる

「今更生き方を変えるつもりはないわ
私は患者のために論文を諦めたりしない
悪魔に魂を売ってでも、教授の椅子が欲しい女よ
だけどもう安売りはしない
あなたが、切り札が、この手の内にあるなら
勝負を降りる気はないから」

次期教授候補として、霧島を推すことにした野口教授より
京都の系列病院への左遷を言い渡される

教授になることを諦め
バチスタのこれまでの研究データのすべてを渡し
今後も変性部位の特定を目指すということで
育ってきたチームドラゴンの存続について、野口教授の了承を得る

「しかし
このチームにはお前が必要だ
このチームは俺にとって最後のチームだ、最後で、最高のチームだ
そのためにはお前が必要なんだ」

朝田たちにチームに残ることを説得される

3例目のバチスタ手術で、新しいバチスタ論文に成功
圧倒的得票数で、明真大学付属病院 胸部心臓外科の新教授に選出される


2年後(医龍2 37歳)

UCLAの客員教授として鳴り物入りで招かれている


医龍



| abba fun | 医龍 1 | - | - | pookmark |
水川あさみ 医龍 里原ミキ
水川あさみ 演ずる 医龍 里原ミキ(25歳)    



明真大学付属病院 胸部心臓外科オペ看護士
かつて朝田と同じく、北日本大学病院でオペ看をしていた
朝田を慕い、並みの医師よりも優れた医療知識と腕を持つ「天才看護師」
その後、朝田とともにMSAPに参加し、朝田のチームの一員として活躍した
帰国後、加藤のオファーを受けるよう、体を張って朝田を説得し
自らも「チームドラゴン」の一人目のメンバーとなる

霧島の異母妹
反射神経が抜群
機械出しの技術はスポーツと同じで、反射神経がすべて
執刀医によって微妙に間が違うものなのに
絶妙のタイミングで欲しい器具を出すことができる

スタッフも医療機器も不足しているNGO時代では
朝田のオペで何百本ものグラフト採取をしてきた
医師法により日本では看護師がメスを握るなどありえないが
最初のバチスタ手術の際、伊集院に代わって完璧なグラフトを採取をした

「看護師長として、はっきり言っておかなければいけない
看護師にできる仕事は限定されている
ついた医師の腕が最低で、私のほうが上手くできる、なんて思うこともしょっちゅう
だけど、代わりに処置することは許されない
今回のグラフト採取は緊急性が認められて救われたようだけど
今後は何があっても、越権行為はしないと誓いなさい」

「誓えません
それで患者の命が救えるなら、私はやります」

「わかった
今後はそれなりの処分を覚悟しときなさい」

「はい」

「最後に、私個人として言わせてもらう
あなたがそこいらの医者より、よっぽど上手く難しいグラフト採取をやってのけたとき
少し、スッとしたわ」


2年後(医龍2 27歳)

復活した「チームドラゴン」に参加する


医龍



| abba fun | 医龍 1 | - | - | pookmark |
夏木マリ 医龍 鬼頭笙子
夏木マリ 演ずる 医龍 鬼頭笙子(45)



明真大学付属病院救命救急部(ER)教授
ERの本場である、シカゴのハモンド大学で助教授まで昇りつめた
また、新生児心臓オペの権威に学んだスペシャリストでもある
明真大学付属病院救命救急部強化のため、理事長自らによって引き抜かれる
狙いは、明真大学ERでの蘇生率を飛躍的に上げることでの、学会での国際的名声である
そのためにNGO仕込みの朝田の腕が必要と考え、胸部心臓外科からERに引き抜こうとする

「私がERに来たからには、守るべきルールはふたつだけ
ひとつ、私に従うこと
ふたつ、それを守ること
わかった」

ERの本場アメリカ帰りのスペシャリスト
かおりちゃんの大腿部の銃創の処置は
朝田をして、俺が今まで見た中で一番だった、と言わしめるほどのものだった

「あなたの腕は、外科医の嫉妬をもかきたてる」

加藤を教授にしてもらえればERに行く、という朝田の申し出を受け入れ
教授会で教授選挙改革草案(全医局員による直接選挙)を提案し
次期教授候補として加藤を推薦する

「万人のための医師団に戻る?」

「ああ
すまない、ERに行けなくて」

「最初から来るなんて思ってなかった
こんな病院で収まってる器じゃないわ、あなたは
今度の紛争地域は凄く危険なところよ
派遣された医師団も、何人も亡くなっている」

「厳しいところでもう一度試してみたいんだ」

「そう
それが終わったら、アメリカに来なさい
今度は私が助手として使ってあげるわ」

「考えとくよ」




2年後(医龍2 47歳)

アメリカへ渡り、
シカゴ大学で、鬼頭式除細動器を開発
シカゴ大学名誉教授に
野口がリスクマネジメント統括部長に就任したのに伴い
新しく、明真大学付属病院の病院長となり
チーム鬼頭をつくる


医龍


| abba fun | 医龍 1 | - | - | pookmark |
北村一輝 医龍 霧島軍司
北村一輝 演ずる 医龍 霧島軍司(39歳)



北日本大学付属病院 胸部心臓外科助教授 
ミキの異母兄で、霧島と朝田は北日本大学の医局での先輩後輩の関係
霧島は正妻の子、里原ミキは愛人の子
父親は大病院を経営する院長で、霧島の母とは霧島が中学のときに離婚
里原ミキが高校生のとき、愛人の子である里原ミキを認知し
母親と霧島の家に引き取られることになった
実際は脳梗塞で倒れ寝たきりになった父親が
自分の世話をっせるために呼んだもの
霧島の父は二人に霧島姓を名乗ることを許さず
まるで家政婦のようにこき使った

成績や交友関係まですべてにおいて口を出してきた
霧島は高校のころからずば抜けて成績が良く常にトップ
日本の医学会を背負って立つべく
父親の英才教育を受けて育ったスーパーエリート

母親が病弱だったこともあって看護師に憧れていた
高校卒業後は家を出て自活して看護学校に行きたいと思っていた

「学費は出してやる、手続きはしておく
うちに来ればいい
父も亡くなった、遠慮することはない、この家から通えばいい」

霧島は二人を支配したかった
看護学校卒業後、看護師として北日本大学に勤務
北日本大学では意外なくらい評判が良かった
臨床も研究もこなす医者として患者にも頼りにされ
教授の信頼も厚く、若い医者たちのリーダー的存在だった
ここに朝田もいた
医局に臨床のとてつもない天才がいる、という噂
教授の決めた治療方針に逆らったり、とにかく反抗的で手に負えない
霧島だけは技量を高く評価し、信頼してた
誰もが手を焼く朝田と上手くつきあえていることで
その面でも教授から評価されていた

里原ミキはそのころオペ看になっていた

朝田とのオペの最中、霧島は朝田にはかなわないことを思い知らされる
また、里原ミキに朝田と比較されるのを怖がる

学会出張中の霧島に代わり診察して医師が起こした重大な誤診
それが原因で患者は術中死
朝田はその濡れ衣を着せられて、北日本大学の医局を捨ててNGOへ
里原ミキは辞表を出して、朝田を追ってNGOへ
ミキの母も家を出た

「いくらこの先出世しても、私だけはあんたを認めない
あんたは一生、朝田先生にはかなわない」

NGOで二年半、朝田と里原は、紛争の最前線で地獄を見てきた
そして帰国してみると、霧島の根回しもあって
医局を飛び出した朝田を受け入れる病院はひとつもなかった
目標を失ったふたりはあてもなく、ただ毎日を無駄に過ごして
あの海の見える部屋にたどり着いたときに、加藤と出会った

大事なのは自分のプライド
そのプライドを傷つけたものは徹底的に潰す
泣きながら許しを請うまで
霧島は朝田を認める人間を決して許さない
目的のためなら悪魔とも手を結ぶ

明真大学の最初のバチスタ手術の行われる同じ日に
世界的権威を助手にした日本初のバチスタ手術を行い
華々しくマスコミの1面を飾る

以後、続けてバチスタ手術を何例も行うが
それらはみな、薬物投与で日常生活が送れるレベルの患者であり
論文データの成績を上げるためだった

明真大学付属病院 胸部心臓外科の新しい教授候補として
野口教授によって明真大学付属病院に招かれる

霧島の父親は、鬼頭の大学の極めて優秀な心臓外科の教授で
次期総長といわれていたが、あるスキャンダルで大学を追われた
それは、かなり年下の大学の理事長の娘とお見合い結婚をしたのだが
夫の人間性に耐えられず、幼い霧島を残して自殺したというもの
子供の霧島の目の前で、屋上から飛び降り自殺
父親は医者にするべく、一人息子の霧島を徹底的にスパルタで鍛えた
彼にとって唯一心のよりどころは、おそらく母親だった
その母親が目の前で自分から去って行った、もっとも残酷な形で
異常なまでの執着心と、その裏の攻撃性は、そこからきているのでは

「チームか、そんなもの一体何になる
人間は所詮ひとりだよ、ひとりで生まれ、ひとりで死んでゆく
なのにそれを理解せず、人は群れたがる、チームとやらを組みたがる
人は人と関わるから・・・人と関わるから、孤独を感じるんだ
僕はずっと一人だった、だから孤独を感じたことがない」

チームドラゴンの力を認めざるを得ない状況の中で
街をさまよううち転落し、心破裂となって、明真大学付属病院に運ばれる
一度心停止に陥るが、第一助手を務めた鬼頭と執刀医を務めた朝田によって蘇生する

CCUで、加藤に握られた手で、トラウマから開放される

「どう? 調子は

教授就任おめでとう

ありがとう、あなたも早く良くなって

退院したら俺はアメリカに行くよ

えっ

しばらく離れてやり直してみる
俺もチームを作りたくなった、君が作ったような最高のチームを

わかった」



「お前は、最高の外科医だよ

今頃気づいたのか

時間はかかったけどな
じゃあな

ああ

朝田、死ぬなよ」



2年後(医龍2 41歳)

コロンビア大学医学部 胸部心臓外科客員教授に

明真大学で行われたドール手術の公開OPで
自己弁を温存した、新しい革新的な術式を世界にアピールする
このときのオペチームは霧島自身も自慢のチームだった

日本ではまだ治験段階で実用化されていない次世代型人工心臓を
朝田の要請に応じて持参した

「また何かあったら呼んでくれ
いつでも飛んで来るよ」


医龍


| abba fun | 医龍 1 | - | - | pookmark |
医龍 朝田龍太郎のモデル 須磨久善さん
医龍 朝田龍太郎のモデル 須磨久善さん



神の手を持つ ともいわれる心臓血管外科医で
バチスタ手術の権威
現在は、財団法人心臓血管研究所付属病院スーパーバイザー

1950年3月1日生まれ
兵庫県出身
甲南高等学校、大阪医大卒
三井記念病院心臓血管外科部長
ローマカトリック大学心臓外科客員教授
湘南鎌倉総合病院院長
葉山ハートセンターを設立し同センター院長
順天堂大学医学部心臓血管外科客員教授
などを歴任

胃大網動脈グラフトを使用した冠動脈バイパスを開発して
磯村正医師と共に、日本初のバチスタ手術を行う

「医龍-Team Medical Dragon」  「チーム・バチスタの栄光」
の医事監修を務められた


実家は病院ではく、親兄弟や親戚にも医者はいない
という家庭に生まれる
子どもの頃観たアメリカドラマ 「ベン・ケーシー」に出てくる
主人公の脳外科医がとても格好良くて憧れたことと
人に喜んでもらえる仕事に就きたい
ということで、医師を目指された

医大生当時の心臓外科というのは、未だ創成期で
あまりなりたがる人がおらず、メジャーではない分野だったとか

しかし、大元の心臓をよくすれば、多くの人が喜んでくれるはずで
同じ外科医でも相当にやりがいがあるだろう
と心臓外科医になられた


「プレッシャーのない人生や仕事はつまらない」

須磨さんによれば、大事なのは切り替えなのだということ

大きな手術を終えたあと、どうやって上手にリラックスをし
まっさらな状態で次の手術に向かうか

そして

外科医はチームのトップでもあって
執刀医の精神状態によって、チームを左右してしまうのである

厳しい環境のなかで、多くの手術をこなされている


「助かる命なら、助けたい」




医龍

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




 
| abba fun | 医龍 1 | - | - | pookmark |
医龍 主題歌 挿入歌 サントラ


医龍 挿入歌 関山藍果「Aesthetic」






医龍 サントラ 「Blue Dragon」






医龍



| abba fun | 医龍 1 | - | - | pookmark |
←back 1/1 pages next→