Search
Category
Recommend
Recommend
Profile
Links
*
self-development
簡単ホームページ作成Quick Homepage Maker
あなたがFXで一番知りたかったこと。
**
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
スクールウォーズ
正式名称は 『スクール☆ウォーズ 〜泣き虫先生の7年戦争〜』





原作       馬場信浩 「落ちこぼれ軍団の奇跡」(光文社カッパ・ノベルス)

ナレーション   芥川隆行

主題歌      麻倉未稀 「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO」

放映日      1984年10月6日−1985年4月6日

タイトル     第  1回  それは涙で始まった
          第  2回  泥まみれのニュースーツ
          第  3回  謎の美少女
          第  4回  開かれた戦端
          第  5回  最後の闘魂
          第  6回  涙の卒業式
          第  7回  嵐の新学期
          第  8回  愛すればこそ
          第  9回  愛ってなんだ
          第10回  燃える太陽
          第11回  死と友情と
          第12回  愛は死線を越えて
          第13回  力の限り生きた!
          第14回  一年目の奇跡
          第15回  不良教師
          第16回  学校とはなんだ
          第17回  最後のグラウンド
          第18回  去りゆく君へ
          第19回  友よ安らかに眠れ
          第20回  我ら花園に立つ
          第21回  勇気なき者は去れ
          第22回  勝ってから泣け
          第23回  下町のヒーロー
          第24回  花園へ飛べ千羽鶴
          第25回  微笑む女神
          第26回  花園よ永遠なれ

主な登場人物と、そのモデルとされる人々(緑字)

舞台となる高校と、そのモデルとされる学校(緑字

   川浜市立川浜高校(このドラマの舞台)    
               → 京都市立伏見工業高等学校

   相模一高(県予選最大のライバル校)
               → 花園高等学校

   城南工大付属高(花園大会決勝戦の相手校)
               → 大阪工業大学高等学校(現 常翔学園高等学校
                  もしくは、國學院久我山高等学校

第60回全国高等学校ラグビーフットボール大会決勝戦







| abba fun | スクールウォーズ | - | - | pookmark |
山下真司 スクールウォーズ 滝沢賢治
山下真司 演ずる スクールウォーズ 滝沢賢治



川浜市立川浜高校体育科教諭、同校ラグビー部監督
元ラグビー日本代表
ポジションはフランカー、またキッカーでもあった

怪我で選手生活を断念し、現役引退後
その後、川浜市教育委員会に勤務し
ラグビー指導等をしていた

それに目をつけた川浜高校の山城校長より
川浜高校体育教師の職にと懇願される

悪名高き、県下一のワースト校であったため
滝沢の身を案じる妻(節子)からも反対を受ける

ラグビーを通じて、荒廃した高校生たちを更生させよう
悩みぬいた末に、かねてからの夢だった教師になろうと
反対を押し切って、川浜高校に赴任することとなる

しかし、予想に反して生徒からの猛反発にあう

そして、予選大会での大敗退を経験する
滝沢と部員たちの、大きな屈辱と深い後悔

「俺が花園に連れて行ってやる」
涙を流しながらの決起

ついにラグビー部として本格的に始動する

しかし、試練は続く

ラグビー部員(イソップ)の病死
ラグビー部マネージャーの事故死

ユニフォームの焼失
新校長の無理解

借金の取り立ててで苦しむラグビー部員の身代わりとなって
刃に散ったラーメン店主

ラグビー部員同士の不信感
楽しめないラグビー

試行錯誤が続く

やがて迎えた地区大会
大きな壁として立ちはだかっていたライバル校、花園高校を撃破

全国大会に出場
ノーマークながら、勝ち上がる

そして、花園大会決勝戦に臨む
決勝の相手は、あの城南工大付属高

一進一退
激闘の末、みごと栄冠を勝ち取る
多くの人に支えられていた
涙涙の瞬間である

滝沢は、熱血教師であるが、泣き虫でもある。

座右の銘は
「信は力なり」
そして
「ONE FOR ALL、ALL FOR ONE」
(一人はみんなのために、みんなは一人のために)


スクールウォーズ




| abba fun | スクールウォーズ | - | - | pookmark |
伏見工業高校ラグビー部 山口良治さんとは プロフィール
伏見工業高校ラグビー部 山口良治さんとは プロフィール



元ラグビー日本代表で伏見工業高校ラグビー部総監督
環太平洋大学学監・ラグビー部総監督
愛称は「泣き虫先生」

1943年福井県美浜町生まれ
中学では野球部に所属しキャッチャーでキャプテン
入学した高校でも野球部に入るが、学校の改組に伴い、部が廃部
先輩の勧めでラグビーを始める

日本大学に進学し、当時強豪だったラグビー部に入部するが
ハードな練習や上級生の理不尽なしごきなどが嫌になり休部

教師になりたいとの想いから一念発起して
日体大の2年次に編入し、ラグビー部に入る
強い意志で練習に励み
100人を数える部員のなかで、1軍まで上りつめ
関東選抜に選出される

大学卒業後は、岐阜県内の高校で教職に就く
1966年にに選出
1967年に京都市教育委員会へ転任
1968年からは、ラグビー日本代表選手として数々の国際試合に出場
名フランカー、名キッカーとして貢献する
1974年に現役引退

1975年 に京都市立伏見工業高等学校に赴任、ラグビー部監督就任
予想に反し、生徒たちからの猛反発にあう

他校との練習試合を、部員たちが集団でボイコットしてしまう
そのときは、一人で試合場に向かい
相手の選手達に頭を下げて謝った
この夜、相手チームの監督に居酒屋へ誘われた
子供達を教えるのは簡単じゃない、辛抱しろ、と励まされた

しかし、この年の京都府春季総合体育大会の対花園高等学校戦で
112対0という、ラグビーでも記録的な大敗を喫す

「この情けない子どもたちは、今どんな気持ちなんだろう
メチャクチャやられて悔しいやろな、歯がゆいやろな
情けない想いしてるやろな、っと思ったときにねえ
俺は今までこいつらに何をしてやったんやあ、って
初めて矢印が自分に向いた
俺は何にもやってやってない
偉そうにばっかり言って
俺は全日本の選手やった、俺は監督だ、俺は教師だ、って
その自分に気付いたときに
本当にねえ、すまん、と思って・・・」

試合後部員を集めて、涙ながらに言った

「お疲れさん、ケガはなかったか、悔しかったやろな・・・」

そのとき、一人の部員が地面に崩れながら泣き叫んだ

「俺は悔しい・・・」

お疲れさん、悔しかったやろ、その言葉がものすごく嬉しかった
この人にだったらついていける、って思ってのことだった

「必ず勝たせてやる、俺について来い」


ある日、部員がバイク事故で脚を骨折してしまう

「お前の体は、お前一人のものじゃない
ラグビーは15人が一つになって初めて
ボールが前に進む
一人がみんなのために、みんなが一人のために
All for One,One for all
それがラグビーだ」


「私はこいろんな子どもと出会ってきましたけど
これが俺の弟だったら、俺の息子だったら、っていう
気持ちで接してきましたから
一生付き合うぞ、っていう気持ちがなかったら
そんなことはできなかったです」

遠征先での休憩時間、一人パンをかじっている部員がいた
幼い頃両親が離婚し、父子家庭の生徒だった
「これをたべるろ」
大きな握り飯と弁当箱を手渡した
あらかじめ妻に作っておいてもらっていたのだ
幼いときに母を失った自分に、重ねて見えたのである

悔しさから努力を重ねる部員達

1976年の、春の京都府大会の決勝戦で
ついに花園高等学校に18対12で勝利し、雪辱を晴らす

「今まで我慢したこともない子どもたちがね
本当にチームのために自分を捨てて
一生懸命なって走り、タックルしね
声合わし、本当力合わし頑張っている姿にただただ感動して
そんな点数なんか、どうでも良かったんです、本当は
フォアザチームというかね、チームのために自分を抑えて頑張っている
そういう子どもたちに、凄く感動してましたね」


1980年 第60回の全国大会で、初優勝
無名の公立高校の全国制覇
部員への体当たりの指導が、多くの反響を呼ぶ
1984年から放映されたTVドラマ
「スクール☆ウォーズ」の、主人公(滝沢賢治)のモデルとなった

1991年に脳膿瘍を患い長期入院
1998年に京都市スポーツ政策監になって、伏見工業高校ラグビー部の総監督に退く

2000年11月21日にNHKで放映された
「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」
第30回 「つっぱり先生と泣き虫先生」 に出演

2003年に定年となる


「きっとこどもたちは、寂しいんだと思うんですよ
凄く寂しいんだと思うんですねえ
愛に飢えているんだと思うんですよね
やっぱり、もっと真剣に俺たちのことを、構ってよっていうかね
気にしてよって、叫んでるんだと思うんですよ」

「僕は涙っていうのは本当正直っいうかね
素晴らしいと思うんですよ
だから、みんなそんなふうに子どもたちに対して
その不をつける前にね
涙がこみ上げてくるぐらいの気持ちを出してやってよ、って
もうどんな涙でもいいから、とにかくそこに向けて
自分の想いが涙に変わっていくぐらいね
そんな気持ちになってくれれば
もっと違うってことがそこから生まれてくるじゃないかな
伝わってくんじゃないかな・・・
・・・僕に、涙がたくさんあって良かったな、って思うんですけど」


主な教え子としては

 平尾誠二さん
 大八木淳史さん
 高崎利明さん
 山本清悟さん



スクールウォーズ




| abba fun | スクールウォーズ | - | - | pookmark |
京都市立伏見工業高等学校ラグビー部 
京都市立伏見工業高等学校ラグビー部 



ジャージ  赤と黒
愛称     フシコウ 伏工
設立     1959年
総監督    山口良治さん (日体大、教職)
現監督    高橋利明さん (伏見工高、日体大、教職)

大会での主な結果

1975年 山口良治監督が就任

1978年 近畿大会 準優勝

1979年 第59回全国大会 ベスト8

1980年 第60回全国大会 初優勝 V1
       国体 優勝

1981年 第61回全国大会 1回戦

1982年 第62回全国大会 3位

1983年 第63回全国大会 ベスト8

1986年 近畿大会 優勝

1987年 第67回全国大会 ベスト8

1988年 国体 3位

1989年 国体 優勝

1991年 近畿大会 優勝

1992年 第72回全国大会 優勝 V2

1995年 第75回全国大会 ベスト8

1996年 第76回全国大会 ベスト8

1997年 第77回全国大会 準優勝

1998年 高崎利明監督が就任、山口良治監督は総監督へ
            第78回全国大会 3回戦

1999年 第79回全国大会 2回戦


2000年 第80回全国大会 優勝 V3

2002年 第82回全国大会 第3位

2003年 第83回全国大会 3回戦

2005年 第85回全国大会 優勝 V4
      第8回全国高等学校選抜大会 初優勝

2007年 第87回全国大会 準優勝


スクールウォーズ


 
| abba fun | スクールウォーズ | - | - | pookmark |
スクールウォーズ 主題歌 オープニングナレーション
スクールウォーズ 主題歌 オープニングナレーション



主題歌 麻倉未稀 「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO」
1980年第60回全国大会決勝戦(伏見工高7−3大阪工大高) 花園でのキックオフ



「この物語は、ある学園の荒廃に戦いを挑んだ、熱血教師たちの記録である
高校ラグビー界において、全く無名の弱体チームが
荒廃の中から健全な精神を培い、わずか数年で
全国優勝を成し遂げた奇跡を通じて
その原動力となった、信頼と愛を余すところなくドラマ化したものである」
- ナレーション 芥川隆行さん -

(参考 第1話と第2話のみ)
「この物語は、ある学園の荒廃に戦いを挑んだ、ひとりの教師 の記録である
高校ラグビー界において、全く無名の弱体チームが
この教師を迎えた日から、わずか7年にして
全国優勝を成し遂げた奇跡を通じて
その原動力となった、愛と信頼を余すところなくドラマ化したものである」


原曲 Bonnie Tyler 「Holding Out for a Hero」




スクールウォーズ




| abba fun | スクールウォーズ | - | - | pookmark |
スクールウォーズの登場人物とモデルとされる人々

スクールウォーズの主な登場人物と、そのモデルとされる人々(緑字

川浜市立川浜高校

   校長    山城晋平 (下川辰平)
          岩佐邦靖 (名古屋 章) 山城の後任

同校ラグビー部

   監督    滝沢賢治 (山下真司)
               → 山口良治 さん

   部員   

     滝沢が赴任した年の3年生(不良グループ)

          尾本輝政(鈴木秀一) キャプテン、卒後消防士に
          水原 亮(小沢仁志) 少年院あがり、卒後トラックドライバーに
          内田 勝(宮田 州) 卒後父が経営する土木建設会社へ

     その下級生

          森田光男 (宮田恭男)
               → 小畑道弘 さん
                  卒業後は、建設会社を経営
                  伏見工業高校のグラウンドの施工も手がけられる

          大木大助 (松村雄基)
               → 山本清悟 さん
                   京都府出身、日体大卒後教職へ
                   中学時代は、「弥栄の清悟」と恐れられた不良
                   高校2年次には、ラグビー高校ジャパンに選出
                   現在は、奈良県立奈良朱雀高等学校教諭兼
                   同校ラグビー部監督
               → 大八木淳史 さん
                   京都府出身、同志社大卒 神戸製鋼でプレー
                   元ラグビー日本代表
                   山本清悟さんの同期で、奥寺のモデルと親友
               → 山田英明 さん
                   山本清悟さんの1年後輩で、
                   奥寺のモデルと親友、3年時にはキャプテンに

          奥寺 浩 (高野浩和) 通称 「イソップ」

          丸茂良三(松本誠一) 丸メガネがトレードマーク

     花園初優勝時のメンバー

          平山 誠 (四方堂亘) キャプテン         
               → 平尾誠二 さん
                   京都府出身、同志社大卒 神戸製鋼でプレー
                   元ラグビー日本代表で、元ラグビー日本代表監督
                   現在は、神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督
                   兼任ゼネラルマネージャー

          清川 誠一 (森 勇治)
               → 高橋利明 さん
                   京都府出身、日体大卒 教職へ
                   現 伏見工業高校ラグビー部監督

          栗原 昭  ポジションはウイング
                  入試トップの成績で入学し、卒業まで常に成績は1位
                  チーム1の俊足で、花園決勝戦で決勝トライをあげる
               → 栗林 彰 さん
                   千葉大工学部卒、建築系のエンジニアに

          内田治男 (岩本宗規)  内田 勝の弟   

    マネージャー

          山崎加代 (岩崎良美)
               → 新井裕子(旧姓今井) さん
          杉本清美 (諏佐理恵子) 岩崎加代の後輩
          西村明子 (坂上亜樹) 岩崎加代の後輩

    コーチ

          マーク・ジョンソン (チャールズ・モーガン
                  元ラグビーウェールズ代表
               → スティーブ・ジョンソン さん
                   元 伏見工業高校ラグビー部コーチ
                   元 浜松工業高校ラグビー部コーチ

滝沢賢治の家族

          滝沢節子 (岡田奈々) 賢治の妻
          滝沢ゆかり (間下このみ) 賢治の娘

森田光男の家族

          下田夕子 (和田アキ子) 光男の姉
          下田大三郎 (梅宮辰夫) 夕子の夫で光男の義兄
                           川浜高校前のラーメン屋「新楽」店主

自称川浜高校ラグビー部後援会長

          内田玄治 (坂上二郎) 内田勝・治男兄弟の父親
                         内田土木建設社長、川浜市市議会議員  

相模一高ラグビー部

   監督    勝又欽吾 (倉石 功) 
               → 川勝主一郎 さん
                  元 花園高等学校ラグビー部監督

城南工業大学付属高校ラグビー部

   監督    江川恭司 (番 哲也)
               → 荒川博司 さん
                   
元 大阪工業大学高等学校ラグビー部監督

   部員    曽根  ポジションはフルバック キッカー
               → 仲宗根弘明 さん
                   専修大卒 
                   元 専修大学ラグビー部監督     
               → 東田哲也 さん
                   同志社大卒 ワールドでプレー
                   元ラグビー日本代表

ラグビーオールジャパン

  元監督    大北達之助 (近藤洋介)
                   『One for All  All for One』
                   『信は力なり』 
               → 大西鐡之祐 さん
                   早大卒  元 早稲田大学ラグビー部監督
                   元 ラグビー日本代表監督





スクールウォーズ


| abba fun | スクールウォーズ | - | - | pookmark |
スクールウォーズ 花園決勝戦 (川浜高 vs 城南工大付高)のモデル
第60回全国高等学校ラグビーフットボール大会決勝戦
スクールウォーズ 花園決勝戦 (川浜高 vs城南工大付高)のモデル

対戦 伏見工業高 (京都府代表 2年連続2回目出場)
    大阪工大高 (大阪府第1代表 3年連続9回目出場)

会場 花園ラグビー場
開催 1981年(昭和56年)1月7日

結果 伏見工業高(初優勝) 7 - 3  大阪工大高 

登録選手
        伏見工業高( −川浜高)       大阪工大高( −城南工大付高)
 1 PR    三村勝真(3年− 広川)        武田( −布施)
 2 HO    井上 進(3年−小久保)        田口( −青木)
 3 PR    岡田謙次(3年−丸池)        篠原( −伊藤)
 4 LO    田中優司(3年−内田)◎        柳( −広田)
 5 LO    杉本慎治(1年−矢木)         塚本( −佐藤)
 6 FL    田正夫(3年−永田)          高谷( −保坂)
 7 FL    西口 聡(3年−小池)〇        広瀬( −東)
 8 8    小嶋信二(3年−大嶋)◎        田中( −広瀬)
 9 SH     高崎利明(3年−清川)◎       岡田( −若宮)
10 SO    平尾誠二(3年−平山)◎       小野( −蒔)
11 WTB   栗林 彰(3年−栗原)〇        野上( −久保田)
12 CTB    細田元一(3年−赤津)         田代( −川岩)
13 CTB    森脇嗣治(3年−竹下)〇       東田哲也(3年−春木)
14 WTB   清水剛志(2年−小田)         吉田( −岡田)
15 FB     梅村裕美(2年−金森)        仲宗根弘明(3年−曽根)

◎:高校日本代表  〇:高校日本代表候補

実際の試合(実況)


ドラマ 『スクール☆ウォーズ 〜泣き虫先生の7年戦争〜』 OP



スクールウォーズ



| abba fun | スクールウォーズ | - | - | pookmark |
←back 1/1 pages next→