Search
Category
Recommend
Recommend
Profile
Links
*
self-development
簡単ホームページ作成Quick Homepage Maker
あなたがFXで一番知りたかったこと。
**
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜
37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜
キャッチコピーは 「新しい“僕”始めます。」

主題歌   サカナクション 「僕と花」


  放送日            タイトル               視聴率

2012年4月10日 僕は自分をやり直す為に医者になった    13.2%

2012年4月17日 医者も接客業です                13.1%

2012年4月24日 医者である前に、人である前に        14.5%
 
2012年5月 1日 医者として僕はそこに線を引く         13.6%

2012年5月 8日 医者から近くて遠い存在            13.6%

2012年5月15日 僕が医者になった本当の理由        13.6%

2012年5月22日 医者としてでなく人として僕は…       12.5%

2012年5月29日 医者と患者が向き合うことの意味      14.0%

2012年6月 5日 医者も一人の弱い人間という現実      10.2%

2012年6月12日 医者が忘れてはいけないその重み     11.2%


主な登場人物

 東央医科大学病院総合内科

  研修医(紺野祐太と同期の研修医)

   紺野祐太 (草 剛)  37歳 「37歳の研修医」

   沢村瑞希 (水川あさみ)  24歳 名門・帝都大学医学部主席卒業
                        かなり優秀であり、エリート街道まっしぐら
                        外科医志望 手話ができる
                        葛城すずの担当医となる

   下田健太郎 (八乙女 光) 24歳 東央医科大学卒

   谷口篤志 (桐山 漣)  25歳 東央医科大学卒 地方の大病院の御曹司

  医局

   中島 保 (鈴木浩介) 38歳 医局長 佐伯教授の腰巾着→准教授

   新見 悟(斎藤 工) 30歳 紺野の指導医

  准教授

   森下和明 (田辺誠一) 42歳 専門は腎臓内科 葛城すずの主治医

  教授

   佐伯毅彦 (松平 健) 58歳 →医学部長

  病棟看護師

   相澤直美 (真飛 聖) 37歳 看護師長 紺野祐太とは高校時代の同級生
                            バツイチで娘が一人いる

 葛城家

   葛城すず (ミムラ) 32歳 紺野祐太の恋人
                    短大卒業後食品メーカーに就職
                    ここで祐太と出会う
                    7年前、祐太と旅行中に事故に遭う
                    出血性ショックと腹部損傷により腎不全となる
                    さらに事故のショックで失声症となる
                    普段は手話で会話をしている

   葛城博昭 (志賀廣太郎) 57歳 すずの父親
   葛城佐和子 (藤吉久美子)55歳 すずの母親

 患者

   伊達孝仁 (竜 雷太) 69歳 佐伯教授の高校時代の恩師
                      外来で佐伯が診察、肺炎疑いで入院
                      →亡くなる
             

スタッフ

  原作:    川渕圭一 『研修医純情物語〜先生と呼ばないで〜』(幻冬舎)
          川渕圭一 『ふり返るなドクター〜研修医純情物語〜』(幻冬舎)

  医療指導:守屋俊介(湘南キッズクリニック)
  看護指導:石田喜代美
  手話指導:手話あいらんど




| abba fun | 37歳で医者になった僕 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
37歳で医者になった僕の原作者、川渕圭一さんとは
37歳で医者になった僕」 の原作者、川渕圭一(かわふちけいいち)氏のプロフィール

健診医、フリーの内科医、作家

●経歴
1959年、群馬県前橋市生まれ
前橋高校卒業
2浪して東京大学工学部入学
大学4年時、脳神経外科の勤務医をしていた父親が、
ホテル・ニュージャパン火災で帰らぬ人となる
なんとか大学を卒業し、東大大学院に進むものの中退

パチプロで生計を立て、その後商社に入社しメーカーに転職
いずれの仕事にもなじめず、やがて1年間の引きこもり生活を送る
精神科を受診するが、「僕の方がましだ」と医者に反発

30歳で一念発起して医師を志し、半年の勉強で、
(「浪人せずに」)京都大学医学部に合格
37歳で京都大学医学部卒業
1996年から4年間、東京大学付属病院に研修医として勤務

2002年にその経験をもとに『研修医純情物語一先生と呼ばないで』を執筆
10万部の大ヒットとなる

●主な著作
研修医純情物語 - 先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)
ふり返るなドクター (幻冬舎文庫)
吾郎とゴロー (幻冬舎文庫)
ボクが医者になるなんて (幻冬舎文庫)
[小説] 東大過去問・現代文 (文庫ぎんが堂)
ぼくのおじさん (講談社)
セカンド スプリング (PHP研究所)
いのちのラブレター (実業之日本社)
マゾ森の夏休み (汐文社)


37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜




| abba fun | 37歳で医者になった僕 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
草剛演じる、「37歳で医者になった僕」の紺野祐太
草剛演じる、「37歳で医者になった僕」の紺野祐太

東央医科大学病院総合内科病棟・研修医

かつては、大手食品メーカー・帝光食品株式会社の、
営業開発本部に勤務していたエリートサラリーマン
上司の命により、懇意にしていた下請け会社との取引を切ったが、
先行きに絶望したその会社の社長が自殺

これを契機に悩んだ結果、30歳で帝光食品株式会社を退職し、
人生をやり直すために、医師となるべく医学部に入り直す

この頃、社内で出会い交際していた葛城すずと旅行中、
不慮の事故で、すずが負傷、一命を取りとめたものの、
出血性ショックと腹部損傷により腎不全となる
さらに事故のショックで失声症となり、
以来彼女とは手話で会話をしている

医学部を卒業後の進路先として、
すずのこともあり、腎臓内科医となることを決める
そのため森下准教授がいる東央医科大学病院で、
総合内科病棟・研修医となる

こうして、30歳で勤めていた大手企業を辞め、
医学部に入り直し、37歳にして研修医となるという、
異色の経歴の持ち主となる


「医療もサービス業だ」
「患者が本当に求めている医療サービスを提供したい」
という信念を持ち、
その信念に基づいて患者と接していく

しかし大学病院の旧態依然とした体制の中、
現実を目の当たりにする

それでも、体力や記憶力の衰えを感じながらも、
信念のもと懸命に医師としての道を進んでいく
上司や同僚との間に、さまざまな軋轢を生みながら

なお、モデルは原作者の 川渕圭一氏 ともいえる



37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜









| abba fun | 37歳で医者になった僕 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
37歳で医者になった僕 主題歌 サカナクション 僕と花
37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜 の主題歌
サカナクション「僕と花」






37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜





| abba fun | 37歳で医者になった僕 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→