Search
Category
Recommend
Recommend
Profile
Links
*
self-development
簡単ホームページ作成Quick Homepage Maker
あなたがFXで一番知りたかったこと。
**
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
JIN -仁- 2(完結編) 浅野和之演じる田中久重
JIN -仁- 2(完結編) に登場する田中久重(浅野和之)

田中久重(たなか ひさしげ)

    1799年9月18日〜1881年1月11日
    鼈甲細工師の長男として、福岡県久留米市で生まれる。
    幼名は儀右衛門。
  「東洋のエジソン」 「からくり儀右衛門」と呼ばれ活躍した日本の発明家
  後の「東芝」創設者

幼少 からくり人形の新しい仕掛けを次々と考案。

35歳 懐中燭台、無尽灯(圧縮空気により灯油を補給する灯明)を考案。
     「からくり儀右衛門」と呼ばれ人気を博する。

52歳 「万年自鳴鐘」(=「万年時計」)を完成。
     これは、2011年現在、重要文化財に指定されている。

54歳 国産では日本初となる、蒸気機関車及び蒸気船の模型を製造。

64歳 佐賀藩の反射炉で、初の国産アームストロング砲を完成。

65歳 久留米藩の軍艦購入や銃砲の鋳造に携わる。

76歳 東京・銀座に田中製造所(電信機関係の製作所)を設立

※久重の死後、田中製造所は養子の田中大吉(2代目久重)が引き継ぎ、
  東京芝浦に移転、これが現在の「東芝」の基礎となる。

※高い志を持ち、創造のためには自らに妥協を許さなかった。

  久留米藩製造所の裁判役をしているときに、
  長崎「精得館」で行われた仁のペニシリンの講義を、
  特別に偽名を使って聴講していた。↓

「無尽灯、医療器具・・・、
からくり人形、電池、万年時計、蒸気機関車のおもちゃ、蒸気船・・・、
何を作るのも同じでございますから・・・、
からくり人形を見ると、人はワッと笑うわけです、
無尽灯を当てると、これまたワッと喜ぶわけです。
その顔見たさに、あれこれやってきたというだけの話でございます。」

  久重の息子は、ある佐賀藩士とともに軍艦の買取のために長崎を訪れた際、
  その藩士に孫もろとも斬られて殺害されていた。
  その藩士も留学までした開明派で志は同じだったはずだったが。↓

「時代の渦に飲まれたのだと、今は思っております・・・。
今日の見方が明日には敵になる、その逆も然り。
その中でぐるぐる回されていると、
自分の立っている場所はわからなくなってしまう。
どこを目指していたのかもわからなくなる。」

「私の友人(坂本龍馬)も今、その渦の中にいます。
私はそこから彼を引っ張り出すことができませんでした。」

「ともに渦に飲まれては意味がない。
友として先生が為すべきことは、その方の道しるべとなることではないでしょうか?
暗い渦の中からでも、目的地を見失わぬよう、明るく輝く道しるべになるのです。
先生ご自身が無尽灯のように。」

  長崎を立つその夜、仁との別れ際↓

「あの・・・これを(仁が懐中から取り出しながら)」

「これは・・・」

「電球というものです、電気を通せば明るく光ります。
これを作ることができれば、無尽灯より容易に長時間の照明が可能になります。」

「これはしかし・・・この精巧な細工は・・・この世にあるものとは思えません。
これはいったいどこで?」

「忘れちゃいました、いいじゃないですかそんなことは。
これがあればもっとよく見えるようになります。
暗い渦の中からでも、相手の笑った顔が。」

「出来上がりましたら、お知らせいたします。」

「はい。」


JIN -仁- 2(完結編)




 
| abba fun | JIN -仁- 2完結編 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |